F-102A (ケース X)ジョージ・ウォーカー・ブッシュ
F-102A「デルタダガー」はアメリカ空軍の一番最初の超音速全天候要撃機です。一番最初に遷音速エリアルールを利用する飛行機としてコンベア社に開発されました。F- 102Aは「X」と「XX」二種類の翼型があります。F-102Aは主に北米大陸で使わされて、海外基地でも使われたこともあります。ベトナム戦争にも運用されました。アメリカの第43代アメリカ合衆国大統領のジョージ・ウォーカー・ブッシュはテキサス空軍州兵として兵役に服した時にF-102Aを操縦しました。

 

模型要目
F-102A「デルタダガー」1/72スケールのプラスチックモデル組み立てキットです。全長289mm、翼幅161mm。このキットはイギリスに開催されたホビーイベントのIPMS(UK)のため展示会限定品として開発されました。ユニークな造型を確実にモデル化、寛大な機翼および翼端な造型も忠実に表現されました。コクピットの細部が豊で、キャノピーが開閉選択できます。塗装仕様はアメリカテキサス空軍州兵第111戦闘迎撃飛行隊です。

  • 主翼とノーズも確実にモデル化。

  • 主脚格納室、爆弾倉と主脚も忠実に再現され。二種類の爆弾仕様が選択できます。

  • キャノピーを開状態で製作でき、コクピット内部が一目瞭然です。

  • 機体の刻印がきれいで,ブレーキは開閉選択できます。

  • きれいなスライドマーク。

  • 6つのランナーとひとつのクリアーパーツの揃いです。