G.91R軽型戦闘攻撃機

G91は二戦後、イタリアが開発した初めての戦闘機です。イタリアと西ドイツ空軍に大量に制式されたことがあります。プルトガル空軍はG91をアフリカの戦争に投入しました。それ以外、1964年から1981年にかけて、ずっと出演使用機としてイタリア空軍のフレッチェ・トリコローリという曲技飛行隊に使われました。多数の型番の中に、G.91Rは一番採用された型番でした。

 

模型要目

1/72のモデル化のG91R軽型戦闘攻撃機。全長143mm、翼幅118mm。サブタイプとして、R/1とR/3を選択可能。主脚、キャノピー、スピードブレーキも開閉状態を選択可能。三種類のロケット発射筒と一種類の爆弾を搭載のは選択可能。フレッチェ・トリコローリ曲技飛行隊の塗装仕様を含んで、三種類の塗装選択可能。元の商品にイタリア空軍の曲技飛行隊“フレッチェ・トリコローリ”のPVCマジックデカールを付き。
 

 


  • 精密な機体を完璧にモデル化。イタリア空軍の曲技飛行隊“フレッチェ・トリコローリ”の塗装仕様を再現。

  • 主脚収納室は実感たっぷり、精密に再現。

  • ノーズは実機のように現せ、特徴は忠実に再現。

  • 尾部造型は微妙な変化を完全に再現。

  • デカールが精緻に印刷され、“フレッチェ・トリコローリ”仕様、ドイツ空軍仕様とアメリカ陸軍仕様を付き。

  • グレーランナーとクリアーパーツをそろって、元の商品にイタリア空軍の曲技飛行隊“フレッチェ・トリコローリ”のPVCマジックデカールを付き。