F-102A (ケース XX)

F102A「デルタダカー」はコンペア社に開発されて、アメリカ空軍の初めての超音速全天候迎撃機です。しかも世界で一番最初に遷音速エリアルールを利用する飛行機です。運用時期によって、主翼は「X」と「XX」タイプに分けられます。主のF-102Aは北米大陸で使わされますが、海外基地でも採用されたこともあります。ベトナム戦争にも投入しました。アメリカ空軍から退役以降のF-102は空軍州軍において、運用されて、一部分もギリシャ空軍とトルコ空軍にも供与されました。

 

模型要目
F102A「デルタダカー」要撃機の1/72スケールプラモデルキットです。全長289mm、全幅161mm。ユニークな機体を精密モデル化。巨大な翼と微妙な翼端も忠実に再現。コクピットのデイテールは豊かで、キャノピーも開閉状態選択可能。弾倉も精密に再現。二種類の爆弾架(開閉状態)と爆弾を付属する。主脚とスピードブレーキも開閉状態選択可能。三種類の塗装仕様選択可能。

  • 戦史によると、F102A(Case XX)を配備された509迎撃機中隊はベトナム戦争に投入されたことがある。駐在地はタイウドーンターニーだ。キットはベトナム戦争のF102A(Case XX)を完璧に再現。

  • 弾倉と主脚収納室も再現され、4枚実感たっぷりしたミサイルと増槽を提供する。

  • 外形が精密に再現、コックピットのデイテールを高度に再現。

  • 尾部デイテールが豊かで、エアブレーキが開閉状態を選択可能。

  • デカール Cartografが印刷してくれたデカールは優良で、内容も豊かだ。509、196と179迎撃機中隊の塗装仕様を提供する。

  •  6つのグレーランナーと1つのクリアパーツをセットした。