アメリカ爆発物処理作業者及びロボット

アメリカ軍爆発物処理班(EOD)は爆発しない爆弾、化学兵器、即席爆弾装置などを見分けて処理することを務めます。爆弾処理兵は爆発物を処理する時、カナダMed-Eng社製のEOD9対爆スーツを着用します。EOD9対爆スーツは新しい防護材とモジュールセットを採用し、高度な保護性能を発揮できます。
「タロン」爆発物処理ロボットはアメリカFoster-Miller社、「iRobot 510 PackBot」パックボットはアメリカiRobot社に開発されます。主に兵士を協力して偵察、地雷処理、即席爆発物処理などに使用されます。現在、アメリカ軍にたくさん配備されます。

  • 対爆スーツを着ているアメリカ爆発物処理作業者は生き生きとして、リアル作業員の雰囲気たっぷり。

  • 「タロン」爆発物処理ロボット、「iRobot 510 PackBot」パックボット及びコントローラーを忠実に再現。爆発物処理の情景模型に最適。

  • グレーライナーと透明パーツがそろう。