9A52-2スメルチ自走多連装ロケットシステム
9A52スメルチ自走多連装ロケットシステムは、ロシア合金精密計器設計局に開発され、1987年から実戦配備が開始されています。その改良型9A52-2は長射程ロケットとして現役ロシア陸軍に所属し、主に戦闘地域への火力支援、敵軍を制圧するという役割が与えられ、突撃を担当する師団に配備されることができます。スメルチ多連装ロケットシステムはMAZ-7310シャーシを採用し、300mmロケット弾12連装発射機を搭載し、最小射程20km、最大射程90km、レーザージャイロ慣性誘導装置を装備し、クラスター爆弾、焼夷榴散弾、燃料気化爆弾などを発射する能力にあり、世界で最も先進的なロケットシステムの一つです。

 

模型要目
1/35スケールのロシア9A52-2スメルチ多連装ロケットシステムのプラスチックモデル組立キットです。全長351mm、全幅88mm。サスペンションはリアル可動、フロントホイールは転向可能。エンジンとギヤボックスは忠実に再現。ハッチと窓はすべて開閉状態を選択可能。発射用支持架によって実車そのままに俯仰と旋回が可能。エッチングパーツ、ゴムパーツとインレットマークも用意します。
 

  • 発射状態にする時、たけだけしい外形で力強く感じさせます。

  • 内部デイテールを精密に再現。

  • すべてのドアは開閉選択式。ドアを開状態にすると、キャビンデイテールを完璧に現せる。

  • 車体前面のデイテール。エンジンのカバーも忠実に再現。

  • エッチングで再現されたカバーは実感たっぷり。

  • ロケット弾の弾頭などの部品がつき、多種類のロケット砲が作られます。

  • 発射用支持架によって実車そのままに俯仰と旋回が可能。照準器とベースはリアルに再現。行軍中と発射状態を選択可能。

  • サスペンションはリアル可動。シャーシのデイテールが豊か。

  • エンジンとギアボックスを忠実に再現。

  • 液圧駐鋤は展開収納状態を選択可能。

  • フロントホイールは転向可能。

  • 黄色いライナー、透明部品、軟質樹脂製部品、タイヤ、スライドマーク、エッチングパーツとメタルインレットマークが揃う。