一緒に野戦のスターを見ましょう

アフガニスタンの環境は戦闘車両にとって一番厳しいといっても言い過ぎではありません

異なるパンターを楽しむ

MENGのWWPシリーズは冷たい実車塗装の代わりに明るいカラーでカートゥーン化戦車モデルを再現します

異国風戦車登場

Studio Roqovanと協力し“World War Toons”というゲームからモデル化するカートゥーン風戦車は次々登場し、大好評を得ました。

デイテールアップの良いパートナ

エッチングパーツの利用は完成品のデイテールをアップさせる一方で製作中、細かい部品がたくさんあり、作りにくく本当に困りますね。

羽をつけて目的物を射る

ロシア現用戦車はどれが写真写りのよいと言われましたら、何か思い浮かべますか。T-90Aですか。それともSu-35ですか。答えはそうではありませんがこのミサイルシステムをぜひ聞いたことがあります。9k37ブークは近年ほとんどの地域戦争で活躍していていい戦績が残りました。2008年、南オセチアでジョージア空軍の航空機を数機撃墜しました。また、2012年、NATOの軍事介入を防いだため急いでシリアへ輸出しました。そして、2014年、東ウクライナで民用飛行機を撃墜したこともあります。今年の4月、シリアでトマホーク巡航ミサイルを迎撃しました。近年、9k37ブークもニュース中のスターになるでしょう。モデラ

かわいい新製品

WWP-004 KV-2の組み立てキットはそのシリーズの第2弾製品で、WWTシリーズの製品を利用して新たに設計して発表します。接着剤を使用しなくて、艶やかでかわいい熊マークもつき、お気に入るでしょうか。

連合軍の最強戦車登場

1945年にアメリカ陸軍の重戦車はやっと西ヨーロッパに上陸しました。この「パーシング」と呼ばれた戦車はドイツ戦車群に対抗できる性能を持ちました。そして、半年内2000両も生産されたのも恐ろしかったことです。

造艦師シリーズの新製品登場

MENGのカートゥーン化ミズーリは造艦師-ミズーリの新製品として間もなく発売します。デザイナーの設計によって冷たい戦争機器はかわいい戦艦になれます。色分けで第二次世界大戦のラスト塗装仕様が再現できます。接着剤を使用しなくてステッカーも付き、楽に作れます。

パンターシリーズの新製品登場

ドイツ陸軍はIV号戦車の代わりにパンターを開発して戦車隊の中核を担う主力中戦車としていました。

ピンバイスもより使いやすく見た目がよくなれます。

ピンバイスを使うとき、スムーズに回らないことが嫌いでしょうか。小さくて目立たないで見つけにくいことがあるでしょうか。今、もう一つのチョイスがあります。