フランス重錘の再進化

AUF1 TAはフランスのサンテ-ヌ造兵廠(GIAT)が装備総局の要望に応えて開発されたAUF1 155mm自走榴弾砲の改良型であります。

チーフテン誕生記 Part 5

赤外線サーチライト以外、チーフテンは車長用照準器にあるレーザー測距装置を採用しました。火砲の命中精度を向上させるため、砲塔に輔助照準用装置を搭載しました。以上の装置はクリアパーツとプラスチックパーツで再現されます。車長用レーザー照準器が開閉状態が選択できます。

チーフテン誕生記 Part 4

チーフテンの砲塔が見どころであります。特に55口径120mm戦車砲L11A5が目立っています。防盾の防水シートが軟質樹脂で再現されるため、主砲が自由に俯仰できます。

チーフテン誕生記 Part 3

実車の外形をスキャンしたり、部品を何回も測ったりすることをしてから、チーフテンの開発作業は最も大切な仕事が始まりました。デザイナー達は大量のデータや図面、写真をまとめて、確かめます。たくさんの資料を持つことは楽しい悩みです。実車にある簡単な構造やデイテールを1/35スケールの模型にどうように表現するのに工夫を凝らしなければなりません。忠実にデイテールを再現するとともに、製作を楽しくさせるのは懸命に考えました。最初の時、日本の有能なデザイナーに部品の分割などについて話し合ってイました。チーフテンのユニークな形を精確にモデル化するように頑張ります。

チーフテン誕生記 Part 2

チーフテンはセンチュリオンと同じように鋳造砲塔を搭載しました。防盾無しの設計で、傾斜装甲を持つ低い車体を採用されました。登場してから、砲塔は特徴となり、ミリタリーファンに楽しげに語られます。

チーフテン誕生記 Part 1

2012年11月、MENGモデルはイギリスへ参って、初めてIPMS(UK) Scale ModelWorldでブースを出しました。イギリスさらにヨーロッパで最も影響力を持つホビーショーの一つとして、毎年たくさんの来場者をむかえます。

MENG’s MOST LIKED 2015年8月月次コンテスト優勝者発表

MENG’s MOST LIKEDオンラインコンテストが開催されて以来、ファンたちに好評を得ました。

ロシアウラル車両工場と多方面かつ強力な協力展開

ニジニ・タギルはウラル山脈の東斜面に位置する鉱工業都市で、多い鉱山と森林で知られる。ロシア最大の軍備製造企業のウラル車両工場(Уралвагонзавод,略УВЗ)はここに誕生した。現在では、既に開発と生産を重ねる企業(АО «Научно-Производственная Корпорация «Уралвагонзавод»)になります。

「非凡」MENG 2015年9月新製品発表会が円満に落幕

2015年9月4日は中国人民抗日戦争ならびに世界反ファシズム戦争勝利70周年記念行事の翌日であり、「非凡」MENG 2015年9月新製品発表会が開催された日でもあります。

八月、スメーチとの出会い

盛夏をむかえて、中国大陸の暑気炎熱いよいよ訪れてきます。昨年の八月に1/35ソビエト「スカッドB」 9K72を公開してから、話題になりました。