太平輪模型が映画館に入る

 

 

2014年12月2日に上映する《太平輪》は中国で正月映画の第一弾です。

 

 

激動の時代において太平輪はただの船として、その沈没事件もあまり注目されませんでした。世の中の移り変わっても太平輪はいつまでも中国歴史上のシルエットとして知られるようになると信じます。

 

 

2005年にフィニックステレビでドキュメンタリー 《尋找太平輪》が生放送されました。2009年に《太平輪1949》が台湾作家の張典婉氏に出版されました。2012年にドキュメンタリー《驚濤太平輪》が中天新聞台で一般公開されました。メディアが太平輪についていろいろ公開しましたが、世の中に知られるのに足りません。監督ジョン・ウー氏が六年間に情熱を注いで映画《太平輪》を撮影しました。日中韓の豪華俳優陣が集結し、昔のストーリーを演じます。

 

 

映画で大切のシーンが復元した上海十六鋪埠頭です。そこで太平輪が出発しました。そのシーンが情景模型で示し、光り輝いた太平輪と組み合わせた古い埠頭、静かな海面、波間に漂う木造船、昔の建物及び積んだ荷物など、全てが物事を述べます。

 

 

記者会見と上映会で使われた太平輪情景は上映期間にJoy City Chaoyangの8階にある北京金逸国際影城に姿を現します。それから12月末までにそこでお待ちします。

 

 

もし年末に俳優の集まる《太平輪》を是非見に行ければ、太平輪の情景模型を見てください。