MENG TS-012 1/35スケールのドイツPanzerhaubitze 2000自走榴弾砲の製作ビデオ発表

20世紀90年代に登場したドイツPanzerhaubitze 2000自走榴弾砲は戦場に出た数が少ないですが、強大な作戦能力、優れた機動性と防護力で、世界最も先端的な自走榴弾砲の一つとなります。いつもモデルファンたちに好まれています。TS-012 1/35スケールのドイツPanzerhaubitze 2000自走榴弾砲が発売して数ヶ月となり、MENGはWarfare in Scaleテレビ番組と製作ビデオを発表します。スペインのモデラーJose Moral氏は塗装指示によってドイツPanzerhaubitze 2000を製作しました。熟練の技で泥と土ぼこり付き少し摩損した現代的な戦車を仕上げました。ここでWarfare in Scaleテレビ番組並びにモデラーJose Moral氏に感謝の意を表します。