菱形戦車の傑作「マークⅤ」

 

   1916年、連合軍のイギリス軍とフランス軍はフランス北部のソンム川でドイツに大攻勢を開始しました。猛烈で膨大な損害を出した戦役で、当時新兵器であったイギリス戦車マークIが初登場しました。無論、戦車は20世紀戦争史上に最高の発明の一つです。これから陸軍機械化の新しい時代に入ったと言うことができます。
   マーク戦車シリーズは複数回改良しましたが、ずっと菱形の車体を採用しました。独特な車体で第一次世界大戦の戦車の代表となりました。1917年にイギリスは新型ギヤボックスとエンジンを利用し、マークⅣの改良を開始しました。遊星歯車機構のギヤボックスを装備した戦車の操縦が、操縦手1名のみで可能になりました。リカード直列6気筒液冷ガソリンエンジンを搭載し、出力150hpで、戦場で10時間連続走行できました。新しい戦車はマークⅤと命名され、1918年に戦場で初披露され、ハーメルンでオーストラリア軍に協力しドイツ軍の防衛線を突破しました。
   マークⅤプラモデルの開発中にイギリスボービントン戦車博物館は強力な支持を与えてくださいました。世界有名な戦車博物館として各種の戦車を300両余り収蔵しています。今回の主役マークⅤ(メール)もその一つです。マークⅤを忠実に再現するため、MENGの開発者は実車を測り、原始資料とデータをたくさん参考しました。
   MENGの「全内装シリーズ」に慎重な態度を持ち、操縦室とエンジン室などの内装を厳密に再現します。連結式履帯は接着剤不要で、組み立てやすいです。超壕装置が付き、さらに独特な歴史性とゲーム性を持っています。菱形戦車を好む皆さん、お楽しみください!