百戦錬磨、自ら一派をなす

 

   1948年の建国以来、イスラエルは周辺のアラブ諸国に認められなかったので、1948年から1982年まで断続的に5回の戦争が起こりました。パレスチナとの戦いは今まで話題になります。だからこそ、戦争の憂患意識を持って、庶民も兵士になります。イスラエル国防軍は何度にわたる大規模な戦争を経験しており、世界でも有数の戦争遂行能力を保持していると評価されています。歩兵はイスラエル国防軍の一部として、その装備品も注目されます。
   イスラエル歩兵の服は砂漠用迷彩を主にして、砂漠に隠れると発見が非常に困難です。人的資源の損耗を防ぐためにいろいろ装備されます。たとえば、専用ヘルメットに迷彩カバーをつけ、頭部に命中することが少なくさせます。最新型の防弾ベストを着たり、軍靴を履きたり、IMIタボールTAR-21を持ったりします。世界に先駆けて実用化された軍事技術が多いことは言えるでしょう。
   既に発売したMENG製品にイスラエルの戦車模型がいくつありますが、フィギュアは2年前のIDF国防軍戦車兵だけ発売しました。そこで今回、第二弾のイスラエルフィギュアモデルHS-004イスラエル国防軍歩兵を発表します。このキットはイーグルデザート、日本人の原型師、ブラジルのイラストレーターの協力によって製品化されます。
   HS-004に指揮官1名、榴弾射撃手1名、小銃手2名付きます。激戦中、落ち着き払らう指揮官が無線機を利用して命令を伝えて、前方を警戒を行う榴弾射撃手が銃を持って敵を迎えて、精神を集中する小銃手が見まわるようなシーンを再現します。RBH-103ヘルメットに迷彩カバーを付けます。ベストのポケットに小物入るように見えます。パックバックとレッグバッグもつけます。ひざあてと軍靴が最新型です。H-189GRイヤホン、PRC-624無線機とFUJINON SHS双眼鏡も指揮官専用装備品です。TAR-21もスタンダード、グレネードランチャー装備など三種類付けます。
   このキットはイスラエル兵士の作戦中よく見えるポーズを再現します。戦車、装甲車、歩兵戦車との組み合わせは完璧でしょう。