進撃路を切り開く先駆者

 

1944年夏ソ連装甲部隊がベラルーシの地雷原を越えたことは軍事学者と軍事ファンによく話されます。地雷処理車両の重要性はその時から軍人によく知られています。新しい時代には新しい装備が必要です。現在ロシア軍は戦車に搭載するKMT地雷処理装置だけでなく、戦車に協力する地雷処理車も装備します。BMR-3M地雷処理車はT-90のシャーシを流用し、T-90のような機動性を持ち、地雷に対する防護性能を改善されました。搭載した地雷処理装置は地雷の処理を行い、進撃路を切り開きます。
1/35スケールのロシアBMR-3M地雷処理戦車のプラモデル組み立てキットです。全長308mm、全幅109mm、1300のパーツがあります。ライト、ペリスコープと光学機器は透明パーツで再現。サスペンションと履帯が可動。乗員用ハッチはすべて開閉可能。エッチングパーツ付き。塗装仕様を2種類用意します。