新しい力作が登場

 

ここ数年間、F-35は最も注目されている新鋭機になります。極秘先進技術設計チーム「スカンクワークス」の恐ろしい研究開発能力を備えて、ロッキード・マーティンはアメリカの第4世代の戦闘機の開発製造を独占しました。1990年代、先進戦術戦闘機計画(AFT)を基いてF-22を開発した後、ロッキード・マーティン社のX-35案は統合打撃戦闘機計画(JSF)において選定されました。初飛行が終わってからF-35の名称で制式採用されました。米国空軍しか投入されなかったF-22と違い、F-35には通常離着陸タイプ(F-35A)、大型空母に配備された艦載機(F-35C)と小型空母及び強襲揚陸艦に配備された短距離離陸・垂直着陸タイプ(F-35B)があります。そして、アメリカの部隊だけでなく、諸外国にも提供できます。多くの受注でコストが低くなりました。F-22より優れた設備を換装、現代戦争で作戦能力を高めます。2017年4月までに、ロッキード・マーティン社は200機あまり納品しました。ライトニングIIは最も多く採用された第4世代戦闘機です。

LS-007 ロッキード・マーティンF-35AライトニングII戦闘機は1/48スケール、LSシリーズの一番新しい飛行機組み立てモデルキットです。全長326mm、全幅223mm。近年の資料を集め、F-35を精確にモデル化、エアインテークと弾倉を再現しました。デイテールが豊かで、舵面の角度を調節し組み立てられます。米日軍の最新の搭載武器を選択可能です。新鋭戦闘機を添えて楽しみましょう。