紫電清霜、飛将軍の武器庫に新兵器が加わる

 

米国の空軍の強さは誰も否認できません。第二次世界大戦の時から、アメリカの航空兵部隊は自国の装備で世間を驚かせた戦略と戦果を示しました。それらの航空機は全世界で自国の利益を守りますが、搭載武器は飛将軍の兵器みたいです。アメリカ空軍は先進的な武器を搭載、新しい作戦の要求を満たせます。

 


 MENGの1/48スケール搭載武器セットを発売し、航空機に組み合わせます。それぞれはSPS-043アメリカ近距離空対空ミサイル、SPS-044アメリカ中遠距離空対空ミサイルとSPS-045アメリカ衛星誘導爆弾です。この3弾の商品には採用した、またはしている搭載武器があります。では、一緒に見ましょう。

 

 

SPS-043アメリカ近距離空対空ミサイルにはAIM-4ファルコンを提供します。手元のデイテール少ないファルコンを捨てましょう。AIM-9シリーズミサイルは昔のプラスチックキットよりデイテールが豊かになります。

 

 

F-14のファンのモデラーさんはAIM-54フェニックス空対空ミサイルに2タイプがあることをご存知でしょう。SPS-044アメリカ中遠距離空対空ミサイルにはAIM-54AとAIM-54Cを再現しました。また、AIM-7EとAIM-7Mも再現されますので、F-4ファントムIIとF-15イーグルは異なるスパローを搭載することが可能になりますよ。

 

 

SDB小直径爆弾は衛星誘導爆弾の人気のある爆弾で、F-22とF-35に8枚ほど搭載できます。攻撃力を高めると共に隠密性を保証できます。キットにGBU-39とGBU-53が付き、2種類選びられます。GBU-54レーザーJDAMは2000年前後実用化され、移動目標への攻撃も可能、衛星誘導とレーザー誘導というメリットがあります。

 


 この3弾商品の搭載武器は長期渡り採用され、モデラーの各種米国航空機も搭載できて、模型作りをもっと面白くさせます。