ドイツ帝国陸軍ストームトルーパーが殺到

ドイツ帝国陸軍は丸四年間マルヌ川、ヴェルダン、タンネンベルク、ソンム、ビミーリッジで人の命を終わらせました。勝負を問わず、帝国陸軍の戦闘意志と巧が恐怖を感じさせました。機銃、毒ガス、戦車等色々な恐ろしいものが開発され、それらの灰緑色の軍服を着た死神に立ち向かおうとしましたが失敗しました。第一次世界大戦末、硬直化していた塹壕戦を打破する目的で、帝国陸軍が精鋭歩兵部隊を編成しました。大量の軽量機関銃、手榴弾と火炎放射器など用いて散開隊形で浸透戦術を行います。驚異的な射撃速度によって敵陣に牽制射撃を加えながら突撃歩兵が敵陣まで疾走して敵を制圧できます。その突撃隊は強力な塹壕を突破するにふさわしい新部隊となります。現代歩兵の単兵の祖形とされます。

MENGのHSヒューマンシリーズHS-010ドイツ帝国陸軍突撃隊の組み立てキットは歩兵4体を違うポーズでモデル化します。人物の表情は豊かでいきいきしており、動作もしっかり再現されます。

 

第一次世界大戦の時、装甲車両にたいして、集束爆弾が搭載されます。突撃隊にも対戦車用の爆弾を装備していました。

 

MG08機関銃はマキシム機関銃を基に設計された第一次世界大戦時のドイツ軍の標準的機関銃です。その軽量化型が突撃隊に使われます。

 

ライフルが歩兵の主力火器です。この隊員は大量のライフル弾薬を持ちながら4枚の手榴弾がかかっています。その凶猛さが想像できます。

 

ベルグマンMP18は世界初の数多く使用された機関銃で、9mm弾薬を使用し32連発できます。歩兵に機関銃陣地を制圧する能力を与えて、戦後の各国が開発し始めました。