内装があればリアルになる

 

MENGはTS‐031キングテイーガー(ヘンシェル型砲塔)とTS-037キングテイーガー(ポルシェ型砲塔)に対して内装部品を開発しました。内装があれば、デイテール豊かで、完成品もリアルに見えます。ただし、内装を展示するとともに、デイテールと塗装を完璧に再現するため、そうすればいいか。

 

MENGのSPS-061ドイツ重戦車Sd.Kfz.182キングテイーガーの砲塔修理用ラックとマズルキャップセットはレジン製品で、二つのキングテイーガーキットと組み合わせ出来ます。砲塔の内装を終えてから、ラックにおいて砲塔バスケットなどのデイテールが見えます。コンピューターで彫刻するマズルキャップも完成品をデイテールアップさせます。