パンターシリーズの新製品登場

 

ドイツ陸軍はIV号戦車の代わりにパンターを開発して戦車隊の中核を担う主力中戦車としていました。機動性を維持するため、パンターのシャーシを基づいて一連のバリエーションを生産しました。その中にヤークトパンターみたいな有名な駆逐戦車があったり、ユニークで欠けない戦車もあります。例えば、ベルゲパンターです。

 

MENGのSS-015ドイツ装甲回収車Sd.Kfz.179ベルゲパンターA型のプラスチック組み立てモデル完成品は全長237mm、全幅98.6mm、合計1143個部品。以前のパンターと同じようにブルドーザーがリアルで可動。戦闘室と運転室外のデイテールも多種類部品付き、選択可能。単品にしろジオラマにしろいいチョイスになるでしょう。