イスラエル戦車シリーズの新製品

 

イスラエルではM60A1E2をマガフ6Bと呼ばれます。イスラエル軍は他国の輸入された戦車と同じように、M60A1E2をもとに独自の改修が施されました。そして、その改修は退役したまでに続きました。その中に、マガフ6Bガル・バタシュという改修型が目立ちます。ガルとは火力管制装置の名前で、バタシュは“日常治安維持任務”の略です。名前の通り、西ヨーロッパでソ連装甲車両に対抗したこの戦車はイスラエル軍の改修を通じて中東の低強度紛争に投入されました。

 

TS-040イスラエル主力戦車マガフ6Bガル・バタシュのプラスチック組み立てモデルは全長265.3mm、全幅96.6mm、合計813個部品。従来の戦車モデルと同じようにサスペンションシステムと履帯は可動式で、コンピューターで彫刻した軟質部品が実感たっぷり。精密なエッチングパーツと履帯連結用冶具が付き。デイテール豊かで組み立てやすいです。