極めて速い“忍者”登場

 

Ninjaは川崎の品質の代表となり、一連の製品がNinjaの名を冠しました。川崎をそれ一つだけで表すNinjaは性能の上でその時代のリーダーだといっても言い過ぎではありません。彼らの強さがサーキットで次々と実証されます。Ninja H2™Rはサーキット専用車として開発されましたが、街乗り走行などさまざまな場面で爽快なライディングを提供します。300馬力を発生するスーパーチャージドエンジンを搭載していて、強烈に加速する圧倒的なパワーを発揮できます。様々な電子制御システムや極めて速いスピードにより、操る悦びを提供します。Ninja H2TMRは技術、品質さらに芸術性のバランスを取れました。川崎のほかのモーターサイクルはNinjaに及ばないではないでしょうか。

 

MENG MT-001s川崎“Ninja” H2TMR(色分け)は川崎重工株式会社と共同に開発されたモーターサイクルのプラスチック組み立てモデルキットです。1/9スケールで接着剤を使用せず組み立てられます。完成品全長230mm、高さ130mm、合計210個部品。

 

 

フェアリングなどのカーボンファイバー部品は模様を完璧に再現、デカールが必要もなくて実感たっぷり。

 

 

車体一部やシリンダーなどの部品はブラックで光沢コーティングで再現、臨場感あふれる。全体を色分けられ、塗装しなくても鑑賞性が高い。

 

 

前後のショック緩衝装置とダンパーが可動。ステンレスブレーキが付き、空気入れグリルをエッチングパーツで再現。

 

 

精確でデイテール豊かな本キットは組み立てやすく、きっと新たな制作体験を提供することができます。

 

 

塗装したいと思うモデラーに向け、MT-001川崎Ninja H2TMRのキットも同時に発売する予定で、塗装を楽しめるでしょう。