工業時代の完璧な武器

 

M4シャーマンは恐ろしい主砲を搭載しなく、厚い装甲を装備しなく、設計者も運転者もそんなに有名ではないが、あの時代の工業力のピークになります。最初設計されたとき、船室の広ささえ考えられ、輸送しやすいことを考案し、武器セットを大量使用し、異なる生産技術でも同一の製品を生産することができた。シャーマンには特定の主砲が特定の弾薬しか発射できないという欠点もなく、鉄道輸送の時、専用履帯を変更してはいけない手間もを省いた。先進的なデザインをもったM4シャーマンは50000両弱生産され、多くのバリエーションを持つが部品の互換性を持たせ高い信頼性、生産性を持っていた。
TS-043アメリカ中戦車M4A3(76)Wのプラスチックモデルキットは完成品全長206mm、高さ90mm、合計1190個部品。サスペンションシステムは実車の構造を忠実に再現。比較的に完善な設備鋳造号があり、デイテール豊か。丈夫な可動式履帯。vvssサスペンション用の履帯の場合、履帯の幅を拡大する冶具も付き。エッチング、メタルケーブルも含まれる。初回特典としてメタル砲身が付き。